次回公演

劇団羅針盤第50.5回公演

芝居小屋羅針盤っ!

───やっぱりそれでも劇が好き───おわかりっ!

4月29日(木祝)
14時『石川を、口説く』 →満席となりました。
17時『住めば都と誰が言う』 →満席となりました。
20時『住めば都と誰が言う』→満席となりました。

4月30日(金)
20時『石川を、口説く』→満席となりました。

前売:一般1,000円/高校生以下500円(当日券は500円増)

場所:金沢市民芸術村 里山の家(金沢市大和町1-1)
※開場は開演10分前です。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。

『石川を、口説く』
福井崎と富山田は言い争っていた。いつも同じ理由で。
「どちらが彼女のハートを掴めるか」
不毛だ。不毛すぎる。
気位の高い彼女がそうそうなびくはずが無い。
「カニをプレゼントすれば」「エビをプレゼントすれば」
物で釣ろうとするなんて、何て浅はかな男達なんだ。
もっとあるでしょう。ドラマチックな求愛方法が。
「ホントあいつって…ワガママだなあ」「だがそこがいい」
───フィクションですよ。念のため。

出演:平田知大・能沢秀矢
上演時間:30分 / 座席数 20席

『住めば都と誰が言う』
とあるところにひっそり佇むアパート ラ・オーレ荘。
「今日こそ払ってもらいますからね!」
実はですね…明日か明後日か明明後日ぐらいには…。
「タワーマンション、建てようかなあ」
…え? まずいまずい非常にまずい。
俺達はこのタダで住み続けられる楽園を守り抜きたいのだ。
つまり…引き延ばすしかない!
この物語は、家賃を払わない(払えない)男達と大家さんの、
不毛な戦いの記録なのだ。

出演:寺嶋佳代・能沢秀矢・平田知大・北国歩実
上演時間:45分 / 座席数 25席

#ただいま #おかわり

作・演出:平田知大
参謀:寺嶋佳代
音響:吉村建彦
舞台:KATZ&β・龍
道具:龍と竜
衣装:てらちま呉服店
制作:羅針盤制作部
統括:雪村つばき

【お願い】
●新型コロナウィルス感染症の感染状況などにより、開催内容等が変更、または中止となる場合があります。
●客席数を減らし間隔を広く取っています。舞台と客席は1.5m以上離れています。
●37.5度以上の発熱等、体調がすぐれない場合のご来場はご遠慮ください。
●マスク着用、咳エチケットにご協力をお願いします。